フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トスカーナ料理

b0004407_8413173.jpg


トスカーナのレストランに入り、まず食べるものは?
こちらです。


先日、現在留学中のSさんとその方のご友人(アメリカ人)といっしょにランチに行きました。
このような展開はフィレンツェではよくあります。
フィレンツェに留学するといろんな国籍の人と友達になれるのです。
なぜなら、
イタリアにいる外国人同士という「共通点」がありますので、なんとも会話は盛り上がります。

サントスピリトにある、レストランRICCHI(だったと思います)に入り、
まずオーダーしたものは。

「ブリュスケッタ!」

塩のないトスカーナパンをトーストしたものの上に、
トマト、そしてレべ―ペースト(フェガティーニ)をのせたものです。
左のは、ラード(油)にサルシッチャをのせたものです。

レストランなどではパスタを食べる前に、前菜としてオーダーします。
ワインとよく合います!

この日も陽射しの強い青い空の下で、昼間から発砲の白ワインを飲み、3人でいい気分に!


******************************
イタリア留学はフィレンツェウェブ・ネット
料理留学、工芸留学、インターンもあります。
******************************
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-09-28 09:01 | イタリア料理
そうだった!今日フィレンツェは、提灯で盛り上がります!
b0004407_0165591.jpg

 FESTA DELLA RIFICOLANA 
(フェスタ デッラ リフィコラーナ)
提灯の中にキャンドルを灯して、歩きますと、(大体女の子が持って歩きます)すると男の子たちが手作りの、吹き鉄砲のようなもので、提灯をめがけて、穴をあけ、提灯を燃やして壊す。
といったゲームが繰り広げられます。

街中には綺麗な色の提灯がいっぱい売られています。
夜出歩いてみてね。


************************
イタリア、フィレンツェ留学は
フィレンツェウェブ・ネット
現地日本人スタッフが対応します。
***********************

(写真www.teladoiofirenze.it より)
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-09-08 00:21 | イタリアのお祭り
BENVENUTO A FIRENZE!ようこそ!フィレンツェへ!

私(フィレンツェウェブ・ネット)は、留学相談のメールを頂いてから、
留学先の学校選び、学校のお申込み代行、ビザ申請のお手伝い、宿泊先探し、空港からの送迎の手配、、などとフィレンツェに留学生が到着されるまでに何十回もメール交換して、まるで昔から知り合いだったような感覚になり、やっと皆さんご到着されるわけです。
ですから初対面でありながら、不思議な感じです。
そして、フィレンツェにご到着されてからも、空港までお迎えしたり、フィレンツェ市内を一緒に回ることもあります。

さて、フィレンツェ空港に到着されましたら、まず何をするか! です。
旅の疲れもありますが、もうちょっと頑張りましょう。

空港の観光用インフォメーションセンターに行って、地図、そしてなによりもバスマップ(MAPPA DI ATAF) を(無料です)もらってください。

旅行でしたらなくてもいいかもしれませんが、留学でいらっしゃる方。
あるとホント重宝します。

実はこのバスマップ、もらうのが非常に困難になってきているのです!
発行数が少ないのか、旧市街のインフォメーションセンターなどで、欲しいというと、
「どこへ行くのか?」
「旧市街内はほぼ徒歩で行かれるからバスマップは必要ない。」
と渋り、ほんとーーーになかなかくれないのです。

ATAFバスの駅近くの事務に行っても「ない」。
チケット売り場で聞いても「ない」。
チケット買った後に聞いても「ない」

たま~~に運よくもらえますが、2部もらえることはまずありません。

それだけ貴重なのです。

しかし、これがあるのと無いのでは全然違います。
旧市街内、ほとんど歩くことが多いかと思いますが、バスのって景色のいいミケランジェロ広場や、フィエーゾレだって行かれます。

現在の私のリサーチによりますと、一番もらえる可能性が高いのは飛行場です。
しかし、ここ最近、飛行場でさえ、渋って1部やっともらえる状況です。

早く、もっと発行してほしいもんです。


++++++++++++++++++++
 フィレンツェの語学学校、
ジュエリー学校、革工芸の学校。
イタリア留学の相談はフィレンツェウェブ・ネットまでどうぞ。
++++++++++++++++++++
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-09-04 07:43
機内持ち込み荷物の大きさに注意!


11時間のフライトの後は妙に短く感じる1~2時間のフライト。
睡魔も襲い、あっという間にフィレンツェに着きます。

その前に、荷物の用意するする時の重要なポイントをここで一つ紹介いたしょましょう!

大型機の機内持ち込みの荷物の大きさと、小型機のそれではサイズが違います!
日本からフィレンツェ行きでは、機内持ち込みした小さなスーツケースを、小型機に乗る時に、預けるように言われることがあります。乗る直前に突然言われますので、貴重品、壊れやすいものは入れないようにしておきましょう。もしくはすぐに出せるようにしておきましょう。

また、日本に帰国する時も、同じなのですが、日本で大型機にチェックインするときは、機内持ち込みOKだった小型スーツケースがフィレンツェでチェックインすると、ダメ!と言われることもあります。

かなり困りますので、事前に航空会社のHPなどをみて、サイズをよく注意されたほうがいいでしょう。


さて、
フィレンツェの小さな飛行場に到着!

飛行機降りてから、飛行場の建物まで20メートル?という距離なのに、
わざわざバスで移動します。(危険ですからね)

そして、預けた荷物を受け取るために皆スタンバイします。

そして、自分のスーツケースを受け取ると!
そのまま、、、、もう何のチェックも無しに、、、、外に出られるのです。
もちろん人相の悪いかた(失礼)や、荷物が怪しい方(すべてビニールでカバーしてあるとか)、異様に多い方などはとめられてチェックされることもあります。

ここでもう一つチェックポイント!!

疲れているかと思いますが、ここは気を引き締めて、、、。
出てきたスーツケースは壊れていないかよくチェックしましょう。
トランジット(乗り継ぎ)で乱暴に扱われ、タイヤが壊れされていたりしませんか?
そんなときは、空港を出てしまう前に、クレイム届けを出しておきましょう。
そうすれば、航空会社が無料で直すなどしてくれます。


++++++++++++++++++++++++++++++++
イタリア留学、どこから始めたらいい?
学校選びは?  無料相談お気軽にどうぞ。
フィレンツェウェブ・ネットへ。
++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-09-02 06:13 | イタリア旅行

あなたの入国目的は?

ヨーロッパに着き、国際ターミナルからEU国内線ターミナルに移動するのに、厳しい手荷物検査がまたあります。
ブーツを抜き、大きなバックルのついたベルトはとり、パソコン、タブレットなどは鞄から出し、、、。汗だくになりますよね。

それを突破したら、今度は入国審査です。イミグレーション!

何も悪いことをしていなくてもなんだかドキドキする瞬間ですね。
パスポートを出し、チェックが厳しいと、入国目的を聞かれたり、長期滞在者だと、滞在許可証の提示をしなくてはならなかったり。

ローマなどでは、おしゃべりしながら、パスポートをちらっと眺めて、「行っていいよ~」とスタンプも押してくれなかったり、フランクフルトでは、厳しく、書類をチェックされたりとお国柄がでます。

「入国目的」ですが、観光の方は、
英語で、SIGHT SEEING.
イタリア語で、TURISMO(ツリズモ)
です。

ここでいう「観光」とは「観光ビザ=90日以内の滞在で学生ビザなどを取得していない場合」です。

80日くらいの留学の場合でビザを取得していない場合、たとえ
「語学を習得することが目的!」「ジュエリーの勉強が目的!」「料理修業が目的!」、

であっても、、、「観光」 と答えておきましょう。

だって、「観光ビザ=ビザなし」ですから。
そのほうが無難です。

もちろん、学生ビザなどがある場合は、正直に「STUDY」 イタリア語で
PER STUDIARE  などと答ても問題ありません。
(あまり聞かれないと思いますが、、)

それも突破しますと、あとは乗り継ぎのゲートへと行くのみ。

かなり疲れていますが気を抜いてはいけませんよ~。
もう少し頑張りましょう。

国際線ターミナルではいろんな国の人がいて国際色豊かだったのが、EU国内線のターミナルに移動すると、ヨーロッパ系のこぎれいなビジネスマン達に囲まれ始めます。


*********************************************
イタリア留学、お問い合わせははからどうぞ。
*********************************************
[PR]
# by Firenzewebnet | 2014-08-30 07:41 | イタリア留学
さて乗り継ぎですが、航空チケットをご購入される時にご注意していただきたいのは、、、、
乗り継ぎ時間! です。
  
b0004407_23571926.jpg

最近ネットでチケット購入すると、1時間前後の乗り継ぎ時間でチケットが売られていますが、「これ危険です!!!」

飛行機ですから、いろんな理由で遅れる可能性 「大」 です。
しかも到着時間は飛行機が着く時間。(当たり前ですね)
それから、、、たとえば、エアバスだと500人!もの人が降りて、バスみたいなものでゲートまでいき、、、、。これだけでも20~30分くらいかかります。

そして、空港内で、ターミナルの移動をシャトルバスなどでして、、

EU入国審査をし(これも長蛇の列な場合もあります)、

そして、やっと乗り継ぎ便のゲートに行くのです。

2時間以上!!!は絶対にあったほうがいいです。

1時半間で運よく乗り継げたとしても、荷物が間に合わなくて、フィレンツェででてきません。
そうしますと、次の便で出てきたりしますので、ロストバゲッジの手配をしなくてはなりません。
夜到着の便だと、翌朝届いたりします。

だったら、、、ゆっくり余裕で乗り継ぎしたほうがいいですよね。

  **********************************
  イタリア留学、学校探しはこちらにお問い合わせください。
  **********************************
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-08-28 23:59 | イタリア旅行
日本からイタリアへの直行便はミラノとローマだけ。
b0004407_2333429.jpg

さて、フィレンツェには、どうやって来るか?
必然的に乗り継ぎになります。

エールフランスとJALなどでパリ経由
ルフトハンザでフランクフルト経由
アリタリアでローマ、ミラノ経由
他、ミュンヘン、チューリッヒ、ロンドン、モスクワ、、、など。

日本からボーイングなどの大型飛行機で11時間くらいかけてこれらの大都市に着き、そこで小型飛行機に乗り換えて1~2時間くらいでやっとフィレンツェに到着するのです!
乗り継ぎは面倒ですが、フィレンツェ空港から旧市街は、車で15分くらい。かなり近いので、結局、ローマから電車、、よりも楽だったりするのです。

チケットのお値段を重要視される場合、一年のオープンチケットなどは、南経由でローマ着。そこから電車でフィレンツェ入り、のほうが安いですが、ローマから大きな荷物を持ってフィレンツェまでの移動が心配な場合は、やはりフィレンツェ空港着がいいですね。

近々(ってあと五年後くらいでしょうか?)空港から旧市街へTRAM(路面電車)が走る予定です!
そうしたらさらに便利になりますね。
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-08-27 23:04 | イタリア旅行
b0004407_22195461.jpgフィレンツェの空港ってとっても小さいです。
滑走路が一本しかありません。しかも短いです。
実はプライベート飛行機のスペースが結構あるのですが、それはさておき、、、

その為、飛び立つとき、一番端まで行き、そこでエンジンを最大に吹かして、ロケットを飛ばすようにして、GO~~~~。

結構、手に汗握ります。

降りてくるときも、着陸してから、けっこう強くブレーキがかかります。


大聖堂を空の上からみたい!
と思っても、旧市街の上は残念ながら飛びません。ぐるっと回るようにして、南、または北へ飛んでくのです。

ですから、よ~く観察しないと見ることができないのです。

そんな小さな空港ですので、大きな飛行機は降りてきません。

つまり、、、

日本からの直行便はないのです。

そんな空港ですが、ここ数年、いろいろと工事をしていて、きれいになっています。
最近では搭乗者出口に新しいBARができました。
奥はワインバーみたいになっていて、くつろげそうです。(写真)


*********************************************     
  イタリア留学は フィレンツェウェブ・ネット  代行手数料無料で、お得な情報たっぷり!
*********************************************
[PR]
# by firenzewebnet | 2014-08-26 22:20 | イタリア旅行
フィレンツェに新しい靴の学校が生まれました!
STEFANO BERMER FIRENZE の靴の技術を学べるコースです。
b0004407_19304516.jpg

Stefano Bermer とはハンドメイド高級紳士靴の工房をフィレンツェに持ち、その技術の高さは世界にも知られる程です。
俳優のDaniel Day Lewis がフィレンツェを訪れた際、惚れ込み9ヶ月間弟子入りさせてもらったという有名なエピソードをもつほどです。
しかしながら、大変残念なことにStefanoは、病で若くして近年亡くなられました。
そして、そんな大師匠の技術を学べる学校がスタートすることになったのです。
場所は、鞄の学校で有名なSt.Croceの横の修道院にある、Scuola DEL CUOIO内。
第一回目のコースが9月からスタートします。
9月~12月までのコースで、初心者でも受講可能。
コースは英語で行われますので、英語必須です。
料金は6000ユーロ。
内容、詳細は近々フィレンツェウェブ・ネットのHPで掲載いたしますのでご覧下さい。
9月からのコースのお申し込み締め切りが7月末までとのことですので、ご興味のある方は大急ぎでフィレンツェウェブ・ネット(info@firenzeweb.net)まで お問い合わせ下さい!

[PR]
# by Firenzewebnet | 2013-07-11 19:32 | イタリア留学

夜のDUOMO

b0004407_8113969.jpg

夜のDUOMO。またきれいです。
10年以上住んでいても前を通ると思わず写真撮ってしまいたくなります。

で、今回、ちょっといつもと違う。
DUOMOの前にオリーブの木が?

そうなんです。現在、広場に鉢植えのオリーブの木がいっぱいあります。
St.Croce広場には、大理石が敷き詰められ?真っ白でまるで雪のようでしたし、、。

フィレンツェ旧市街の広場がギャラリー化しているようです。
町自体が美術館のようなもんですので、こ~~いうのもいいですよね。

最近は17時にはもう暗くなります。
寂しいけれど、夜のフィレンツェ旧市街もライトアップされてまた素敵だったりします。


イタリア留学は フィレンツェウェブ・ネットで 現在年末お申し込みキャンペーン行っています。b0004407_8133035.gif
[PR]
# by firenzewebnet | 2012-11-10 08:14 | フィレンツェ旧市街