フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

昨日のAPERTIVOの会

昨日は今年第2回目のAPERTIVOの会でした。
今回はもっと食事が充実したところがいいな~~ということで、
「ZOE」という所で集まりました。アルノ川の向こう側です。
13r Via dei Renai
Piazza Demidoff

APERTIVOは19時半スタートと他より少し遅めですが、夕食代わりになるくらいに内容が充実していました。

APERTIVOの会は去年の8月からスタートしてだいたい1~2ヶ月おきに行っているのですが、リピートして来ていただける方とは少しずつ仲良くなれるようで嬉しいです。
最初はいくらメール交換していても初対面ですからなかなか打ち解けられないこともあるのですが、
しばらくしてからもう一度会うと親しみ感が違います。
最近はついついなんでもメールで用事を済ませてしまいますが、
実際に会ってしゃべるのっていいな、と改めて思います。

昨日の参加者の最年少は20歳!
彼女のイタリア語の上手さには驚きました。
日本でもみっちり勉強して、フィレンツェで語学学校に半年間通ったそうですが、それにしても
勉強だけれは身に着けることはできないような、流暢な会話のテンポというのでしょうか、
発音もしっかりとイタリアンになっているのです。
「すっごくイタリアが好きで、フィレンツェが好き、もっと完全に話せるようになりたい!」
と言っていましたが、その熱意というのが言葉に表れている感じです。
すごく「イタリア語をしゃべりたい!」という気持ちを持っているのも上達の秘訣なのでしょう。

アラフォー世代の私としては、彼女の倍近く生きているわけで、ある程度の選択をしてきて今の自分があるわけですが、20歳のころは分かっているようで分かっていない時期だったかな、と思います。
「20歳ならこれから何でもできる」と私も思いますが、実際20歳のときはその「なんでも」というのが迷う根源だったのです。
彼女もしっかりして、とても自分のやりたいことがわかっているように見えましたが、実はいろいろとまだ迷っている時期でもあるのかな?

彼女を見ていると私はやはり人生の半分を生きたのだな、なんて思ってしまいました。
ある意味、気分が楽ですが、「思いっきり人生に挑戦しようとしている20歳」がちょっとうらやましくもあります。
[PR]
by firenzewebnet | 2009-03-03 23:51 | イタリア留学