フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メルカート〔市場)

b0004407_18371634.jpg

フリーマーケットのことをこっちでは「メルカート」と言うのだが、
イタリアの日曜日って結構お店が閉まっているのですが(今は夏休みでそれにさらに輪をかけるように閉まっている!)メルカートはやっています。だいたい13時に終わるのですが、中には夕方までやっているのもあります。
火曜(確か)の午前中のみやっているCASINE公園のが一番規模的には多いのですが、
(数キロ続く)、大半は服、靴、鞄、野菜、パニーニってのが多いです。
中にはアンティーク中心、古着(サン・スピリト広場)、ってのもあります。

私も旅行するたびにかならず市場があればチェックして、アクセサリーや、古着を買ったりしていたのですが、今ではあまり熱心に見なくなってしまいました。

というのもユーロになってから大して安くないからです。
「TUTTI 10EURO」とか15EUROとかが多い。15EUROって2000円近いじゃない、、、これならユニクロのほうが作りがいいぞ。と思ってしまう。
それにアクセサリーはやっぱり銀のものって後で黒くなったりするし、、。

昨日みたアンティークの市場は私にはその「価値を判定する目」が無いのでなんともいえないですが。

あと、メルカートの服っていろいろ見歩いているとどこも同じだなってことに気が付きます。
安っぽいピチピチのストレッチ素材の(しかし結構セクシー)シャツとか、パンツが多い。
先日ラベンナでも同じものが売っていたし(唯一違うのはフィレンツェではあまりみない短パンがあったが)、モンタルチーノも一緒だったぞ。
あとは、レースのテーブルクロスとかもよく売っている。
どうも同じで最近はサラッと流す程度にしか見ないのだが、イタリア人は結構熱心にみていてしかも買ったりしている。何故だ?物がたまらないのだろうか?

最近、「安い」と言えば、GIGLI〔ジッリ)。フィレンツェに住むイタリア人なら皆知っている、郊外にある大型ショッピングモール。いろんなお店が入っています!

今年のGIGLIの夏のセールはかなりお買い特商品が多かった!
しかも値段をジリジリと下げる。あ、しゃれのつもりじゃなかったのだが、、って日本人にしか分からないしゃれ。
最初は20%OFF!それが30%、50%、70%TUTTI2.99EURO.TUTTI5EURO!
え、、先週同じものを10EUROで買ってしまったよ!
でも5EUROで素敵なパンツを買ってしまった。ラッキー。

去年はセールの値下げ具合がけちけちしていたが〔一番笑ったのはIKEA-家具屋の4%OFF!!おいおいせめて5%にしてくれよ、、それでも微々たるもんだが)、今年は去年の分も一緒に思い切ったよう。これを機会にインフレになんとかブレーキがかかり、値段が下がればいいのにな。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-30 18:36 | イタリア旅行