フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

PITTI UOMOのおしゃれな人々

b0004407_17114659.jpg最近すっかりカジュアルな格好しかしなくなった私、、といっても以前もそうだったが、、
PITTI UOMOは世界のMODA(ファッション)界の人であふれるわけだから
私もちょっとはおしゃれしなくては、、と思いつつも、この暑さ&仕事でいっぱい歩くことを考えるとついつい「楽で動きやすい」格好になってしまう。せめて「オシャレな人々」の観察を!

PITTI UOMO期間というのは普段フィレンツェではあまり見ることの無い、おしゃれな人々がいっぱい。フィレンツェは基本的に、あまりスーツ着用の仕事モードの人は歩いていなくて、観光客(楽な格好!)&学生が多い。しかし、この期間は違う。明らかに、「あ、PITTI UOMOの人だ」とその服装で分かる。

PITTI UOMOでも自分の出展ブースの服の内容に合わせて人々の服装も変わってくるのだが、コンサバ風な服のブースの人は、女性の場合「エレガンド、日焼けしている肌に白やきれいな色の体のラインがしっかり分かるようなデザインのちょっと凝ったワンピース。」
ストレッチ素材ではなく、体のラインでちゃんと着るワンピース。そう簡単にマネできません。靴もハイヒールです。

カジュアル風の場合は、よく観察すると「ただのカジュアルではないよ!」といったこだわりのあるカジュアルを着ているのだ。
男性はまず靴がおしゃれ。普通のおじさん風でも靴は新しく、ポップな色使いだったり、「あ、この人は比較的普通だ」と思ったらシャツの縫い目があえて外側についていたり、パンツの型がとても変わっていたり。

女性のほうが「きれいな人率」は高いのだが、男性も「あ、この人モデル!」と分かるブロンドのあま~い顔の人も何人かいましたね。
そのうち一人は、なんと、セミロングブロンドにショッキングピンクノネクタイをしているではないか!それが、、、似合っていた。その人の周りだけ涼し気な空気が漂っていましたね。
また、60歳くらいのおじさんでショッキングピンクのジャケットを着ていた人もいたが、、、、もしかして有名人だったのかしら?ただものではない、、人しかそんなファッションしないでしょ。

一度みたら忘れられないほど個性的な日本人のおじ様もいましたね。
めがねとストライプのジャケット(だったと思う)

こ~いう人々絶対、普段のフィレンツェにはいない!、

年に2回、こ~いう人々がスノッブなPUBやBARへ出かけてフィレンツェを潤わせてくれているのね。

店員もこの期間はものすごくハイテンションでがんばっていましたね!
「よし稼ぐぞ!そして8月はバカンスだ!」といった感じが伝わってきます。

写真は、PITTI UOMO のHUGO BOSSのブース。
こういうビッグネームのブースは建物を一人で使い、内容も凝っている!
見えます?え?巨大プールがありましたよ!
しかも奥のはスクリーンで涼しげな映像をながしている。もちろんクーラーもよく効いていて、別世界でした。青いライトに白で統一された内装。
この暑さでプールに飛び込みたくなったのは私だけではないでしょう。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!

b0004407_22363023.jpgクリックよろしくペルファボーレ
[PR]
by firenzewebnet | 2005-06-30 17:19 | イタリア旅行