フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「日本の銀行で国際カードを作ってもらう」

まず一番簡単且つ、多くの留学生がお金の引き出しをしているパターンは、
日本の銀行で、「インターナショナルカード」を作ってもらう方法です。
「PLUS」マークのあるATMで普通に暗証番号を入れて引き出すことができます。
どこの銀行にもあるとは限らないので、ご自分のメイン銀行で聞いてみるといいでしょう。
そのとき「イタリアで使用できるか」もちゃんと確認しましょう。

私はシティバンクのカードを持っていますが、これでも引き出すことができます。

この場合の手数料ですが、1ユーロにつき約7円くらいかかっていると思います。
詳しく調べていないのでわかりませんが、こまめに引き出すと手数料が多いような、、、一気にたくさんだせば比較的少ない、、ということも聞いたことがあります。

しかし、この場合の問題点は「どこの銀行のATMでもでもPLUSマークがついているとは限りませんので、まめにATMを見つけてはチェックしておくといいでしょう。

さらに、もっと深刻な問題点としましては、「現地でカードが使えない!」という点です。
実際私は日本では普通に使えていたシティバンクのカードがイタリアでどうしても使えないので問い合わせてみたところ「磁気破損」とのことで、再発行してもらわなくてはなりませんでした。幸いTCが結構あったのでそれを使ったのと、なるべくクレジットカードで支払い(大勢で食事などした場合自分がカードで払い、皆から現金をもらうなどして現金集めをしました)何とかクリアいたしました。

たまに、こういうこともありますので、「すべてカードでOK」と安心して、現金もTCも小額ギリギリでくるのは少々危険でしょう。
もちろんクレジットカードは持ってきておくといいでしょう。

国際カード+クレジットカード+すぐに必要な現金ユーロ+ユーロTCという組み合わせが安全かと思います。

それでも口座を開きたいという方、、TCも現金もなく、国際カードが使用できなくて困っている方、日本から送金してもらいたい方、、。
その方法はまた次回。そしてこちらのCLICKも、、、。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-13 17:00 | イタリア留学