フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

学費に関して

ユーロになってからのイタリアのというより、ヨーロッパのインフレは激しく、
何でも(円とユーロの為替のせいでさらにすごくインフレを感じる)リラ時代の「倍」の値段はするのが普通となってしまった2005年。
あ~リラ時代、たったの4年前なのにほんとむっかしのように感じるわ。
「あの時代は毎日飲みにいったり、値段をきにせず外食を気軽にしてたのにね~。」涙流さずには語れない「あのころのイタリアはよかった。みな幸せで」。

学校の学費も負けずにインフレしているのだ。

フィレンツェ大学の外国語コース、私が通ってたリラ時代は、うそのように安かった。
確か700,000リラ。当時の円高で計算すると35000円くらい。安い!
単純にユーロにすると350ユーロのはず。
それが、序々に値上がり去年は500ユーロだった。それがなんと
今年の秋から650ユーロに。1ユーロ143円計算で92950円!
な、な、なんと3倍弱!そんなのってあり!!!40%インフレにしたとしても490でいいんじゃないの?値上げ思い切りすぎでしょ。
さらに、夏の1ヶ月がなんと500ユーロ!!!
これじゃあ、私立でもっと安いところがあるんだけれど、、、。

私立の語学学校も毎年微妙に上がってきているのだが、インフレ40%なら仕方がないともいえないのだがそれにしてもね~。

語学学校P校は「来年は値上がりしないわ。どこもかしこも値上がりでもう、値上がりはうんざりよね」と言っていた。「えらい!」というか「普通」というか。
あまりほめて上げてはいけないのだが、少しだけほっとする。

しかし、私立はまだしも、NPOとうたっていながらPモーダは学費、1年で130万円くらいするのだが、それでも「ほとんどもうかっていない」といううわさを聞いたが、「ほんと~?」

いや、それよりもっとすごいのが、G校。
アメリカの学校の宝石鑑定学校が新しくフィレンツェに移ってきたのだけれども、
G校といえば昔からとにかく「学費が高い」というイメージはあったが、それがなんとNPO団体だと知ったのは最近!
アメリカも日本もどこでも学費は統一しているらしいのだが、6ヶ月コースで200万円近く!
え~絶対に儲かっているでしょ!宝石の研究に費やしているっていうのかしら?
まあ、200万円くらい学費払えないとダイヤの業界には入れないのでしょーか。

しかし、これらの学校の先生のお給料はどの程度上がっているのでしょうか?
物価上がって、給料はリラ時代のまま、、、で暴動起きる寸前のユーロッパ(もうおきてますね)
その差額は経営者のフトコロ?政治家のフトコロ?

身分の差はますます広がっていくのでしょうか?


値上げいい加減しろ!って方SIはこちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-11-11 06:44 | イタリア留学