フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーティストとして成功するには

グラフィックデザイナーや工業デザインなどの分野で成功するには、きっちりデザインが描けて、マーケティングのことなども考えて、就職して、いいデザイン作りをして、その商品が当たれが名が通って、、、、といった流れを想像するが、、、

画家、などを目指して成功するにはどうしたらいいのだろうか?

いい学校を卒業したからって、有名なアーティストになれるとは限らない。

特に、日本の教育システムは大学に入るのに試験が難しいため、XX大学を卒業した、、というのに意味を持つかもしれないが、それだけで、絵が売れるわけでもないし、企業から仕事の依頼がくるわけでもない。

「どうしたら画家、アーティストとして成功できるの?やっぱり、コネ?政治?」
といった単刀直入な質問を投げかけてみた。

相手は、成功していると思われる、イタリア人のアーティストであり、また専門学校の校長でもある。

「いっぱい仕事をすることだ。(作品をいっぱい作れという意味)
毎日、土日も、12時間、作品を作ること。
いい作品を作り続けていれば自然とコネクションもできてくる。
10年たったら一日10時間でもOKだ。」

教育者でもある彼の立場からのお言葉のような気もするが、やはり
作品がなくては、発表もできないし、発表もしなければ、人の目につくこともない。

基本中の基本なのだろう。

同じような言葉をジュエリー職人も言っていたらしい。

「とにかく作品を作れ!」

いろいろ考える前に作品をいっぱい作って腕をみがく。

レオナルド・ダ・ヴィンチの博物館に行ったときに
「いったいこの人は人の人生の3倍くらい時間があったのだろうか?」
と思うほど作品も多ければ、発明の数も多い。

3時間睡眠の人だったらしい。

怠け者のイメージのイタリア人だけれども、成功者ははやり、努力をしているのだな、、。
ダ・ヴィンチの例は極端だったとしてもね。

私ももっとコツコツを仕事をしよう、、と思ったのでした~。

ランキング参加してます。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-02-02 06:07 | イタリア留学