フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:イタリア料理( 6 )

トスカーナ料理

b0004407_8413173.jpg


トスカーナのレストランに入り、まず食べるものは?
こちらです。


先日、現在留学中のSさんとその方のご友人(アメリカ人)といっしょにランチに行きました。
このような展開はフィレンツェではよくあります。
フィレンツェに留学するといろんな国籍の人と友達になれるのです。
なぜなら、
イタリアにいる外国人同士という「共通点」がありますので、なんとも会話は盛り上がります。

サントスピリトにある、レストランRICCHI(だったと思います)に入り、
まずオーダーしたものは。

「ブリュスケッタ!」

塩のないトスカーナパンをトーストしたものの上に、
トマト、そしてレべ―ペースト(フェガティーニ)をのせたものです。
左のは、ラード(油)にサルシッチャをのせたものです。

レストランなどではパスタを食べる前に、前菜としてオーダーします。
ワインとよく合います!

この日も陽射しの強い青い空の下で、昼間から発砲の白ワインを飲み、3人でいい気分に!


******************************
イタリア留学はフィレンツェウェブ・ネット
料理留学、工芸留学、インターンもあります。
******************************
[PR]
by firenzewebnet | 2014-09-28 09:01 | イタリア料理

サンロレンツォ中央市場

最近は午後も開いている、メルカート ディ サンロレンツォ。
旧市街にあるから高いかな?
と思い気や、意外に安い!そして質もいい。
特にお肉はいいと思います。

鶏肉の専門店で、軟骨その他、かなり内臓系も売っていました。
普通のスーパーや肉屋にはありません。

そして私にとって嬉しいのは、エスニック系の八百屋。
ペルー人がやっている?と思われる八百屋には、大根、オクラ、ゴーヤなどもありました。
そして、この、お芋?は何???

レンコンが売っているという噂は聞きましたが、、果たしてこれは?
b0004407_0483632.jpg

[PR]
by firenzewebnet | 2012-09-27 00:49 | イタリア料理
料理って失敗してもそれなりにおいしかったりすることってありません?

私のレシピの中には、失敗したけれどおいしかった「オリジナルレシピ」ってのがいくつかあります。
おいしければいいのであって、別に本通りに作らなくてもいいのですよね~~。
(ポジティブに考えよう!)

実は、、マヨネーズ失敗した理由は、、全卵入れてしまったからなのです。
白卵も入れてしまい、おかしいな~、なんだか随分さらさらしているな、、、っと。

そこで、色も白っぽいために間違いに気がつき、後から1つのみ黄卵を追加。
全卵3つ+黄卵1つ。
これでもさらさらしているので、すこ~~しだけ、小麦粉を加え、
湯煎してみた。

そして出来上がったマヨネーズはクリーミーでデリケートな味で、とってもおいしかったのです!

後日に、レシピどおりに作ったものより評判もよかった!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-03-26 20:38 | イタリア料理
家で試してみました。ババレーゼ。
簡単そうだったのですが、なかなかうまくいかないもんですね。

1ホール分くらい

レシピ:砂糖(60g) 
ミルク(200ml)
ゼラチン板(6g)
卵(黄)(2つ)
生クリーム(200ml)

①砂糖と卵をミキサーでで白くなるまで混ぜる。
②暖めたミルクを①と少しずつ混ぜる。沸騰させないように暖める。すると白い泡がなくなってくる。
③水につけておいたゼラチンを混ぜる
④こしで滑らかにする。
⑤氷につけて冷やす!(ここがポイント)
⑥生クリームをあわ立てる

⑦ ⑤が冷えてクリーミーになったら生クリームと混ぜる。(きるように混ぜます。生クリームをつぶさないように)

⑦を型にいれたり、して3-4時間冷やす

上からソースなどをかけてできあがり!


私は⑤で適当に冷やし、さらさらの状態で生クリームと混ぜてしまったため、
分離してしまいました、、、。
冷凍にして、アイスケーキ状態で食べましたが。
味はおいしかった。

皆さんも試してみてね。


ランキング参加してます。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-03-26 03:22 | イタリア料理

ババレーゼ!

b0004407_1954599.jpgもう5年近くもイタリアに住んでいるというのに、あまり関心のなかったものって
視界に入らないというか、気がつかないもんですね。

DOLCE、私も当然好きなのですが、食べるのが好きなのです。
まあ、あまり甘党ではないので、それほど執着はしませんが。

作ったりもたま~~にはしますが、ほんとにたま~~になので、
自分の知っているものしか作っていませんでした。

今まで食べたことのあるDOLCEの名前とかもなんとなく教わっても流していたのでしょーね。

で、いつも知らぬうちに流し聞きしていた言葉も
訳さなくてはならなくなると違います。
当然、しっかり一語一語聞いて、分からない言葉がでてくるとCHECK!
単語の由来まで根掘り葉掘りきいたりすることもある。

そんな中、私は、今まで「ババレーゼ」という言葉を知らずに生活をしていたことが判明しました。

BAVARESE!

最初聞いたときは、ドイツの町名(バイエルン:英語ではバヴァリアと呼ぶ)にも同じのがあるという説明も受け、
「ふむふむ。このDOLCEの名前なんだ。」と思っていたが、
出来上がった姿、いやその仮定で既に「あれ?」と思っていたが
「ババロアじゃないか!」(そのときまだ、ババレーゼ=ババロア と気がついていない)
「え、(とっさにババロアという言葉が出てこなかったため)プリンのようなもの?」
と質問。

「プリンに生クリームを入れたようなもの。もっとやわらかい」のだそう。

「ババロアの定義」がどうかは知らないが、BAVARESEの定義は、
プリンのようなつくり方に生クリームを入れるのだそうだ。

で、家で身近なイタリア人みんなに
「今日、BAVARESEを作った」といったら
皆(大して料理に興味もなさそうな人さえも)「へ~BAVARESEね」と普通に反応する。

そりゃそうだ、日本人の料理にたいして興味のない人でも
「ババロア」くらい知っているだろう。

ということで、お菓子の本など見てみると
いろんなババレーゼのつくり方!
ってのがあり、いちごソース、チョコレートソース、などいろ~~んなのが載っていた。

日本では
「イタリア風、ババロアのことをババレーゼ」とか呼んだりするのかしら?
イタリア風のほうが日本風よりも、ゼラチン度が少ないような気がします。
もっとクリーミーな感じ。

*********
ちょっと調べたところ、
お菓子好きの間では「ババレーゼ」で通じるのですね。日本でも。
「カフェオレ」と「カフェラッテ」の違いのようなもんでしょうかね。
「シャンパン」と「スプマンテ」も同じことですね。

日本ではやはりフランス語が元になっている言葉のほうがなじみがありますね。
で、ちょっと「イタリアつう」な方は上記のような違いを知っているのでしょう。
*********
[PR]
by firenzewebnet | 2006-03-25 19:35 | イタリア料理
そんなわけて、すっかり料理ブームな私。
気分は料理~。

通訳していて、ずっと眺めるばかりだったから
ちょっぴり自分でもやって見たかったのよね。

お料理コースの内容を再現してみたい!

ということで、

マヨネーズ作ってみました。

作ったことあります?

簡単なようで難しいですね。
手順がちょっとでも違うとうまくクリーミーにならないのですね。

料理って、やっぱり自分で作ってみないと分かりませんね。
分かったつもりで、自己流にやるとなぜかうまくいかない。

何度も挑戦してやっとおいしくなるのかな。


ランキング参加してます。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-03-23 03:42 | イタリア料理