フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:スイス旅行( 4 )

b0004407_7361523.jpg結局、スーパーをぐるぐるとまわり、いちいち、スイスフランとユーロの計算をして、
イタリアとスイスの物価を比較し、、(物価はほとんど変わらないことが判明)

その土地のそこそこのお値段のワインと安いイタリアではみることのないワインを購入!
スーパーは18時に閉まってしまったのでギリギリセーフだったのだ。

間に合わなかった仲間のイタリア人は悔しがるどころか、
「イタリア人は働かない、ってペルルスコーニが言っていたらしいが、スイスのスーパーやお店は18時で閉まってるじゃない!私たちのほうが働いているわ!」
と言った発言をしている。

労働時間が短いのは消費者にとっては不便だし、
経営者にしてみれば、迷惑な法律だと思うが、
労働者の生活を守る、、という意味では、いいのかも。
短時間労働の社会を奨励するような雰囲気がイタリアにはある。
日本のように働きまくっている社会は「気の毒」とうつるようだ。

真相はどうか分からないが
「効率のいい国」ってことかしら。
[PR]
by firenzewebnet | 2006-04-29 07:36 | スイス旅行

ルガーノからロカルノへ

b0004407_23562480.jpg
ルガーノの湖が見える素敵なレストランでランチ後、
次の目的地、ロカルノ(LOCARNO)へ。

「ロカルノ」どこかで聞いたことがあるな~と思いつつ、家に帰って調べたら
「ロカルノ映画祭」ってのがあるのですね~。

映画祭ってほんと素敵なところで行われますよね。
カンヌ、ベネチア、夕張、、と。
ベネチアよりより小さい映画祭が「ロカルノ映画祭」。

映画祭も行われる広場に面したホテルに着くやいなや、シャンプーを持参していないことに気がつきCOOPへ買いに行く。

隣の国とはいえども、外国でスーパーやお店に行くのってどうしてこんなに楽しいのだろうか。
うきうき!
珍しいもの購入するぞ!


応援していただけるとうれしいです。是非こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-04-26 23:58 | スイス旅行
b0004407_353375.jpgフィレンツェを出発してから約5時間で、スイスのルガーノという町に着きました。

ルガーノ湖に面したルガーノ。
場所分かります?

コモ湖(イタリア領土)の左隣の湖です。ルガーノ湖はイタリアとスイスにまたがっています。

コモ湖も近辺もそうだけれども、この辺は、「リッチで優雅な場所」。
天国の広場っていうのがあるのだけれども、まさに「ここは天国と呼ぶのにふさわしい」。
天国ってこんな感じなのかな~~なんて思ってしまう。

ます、4月末という時期が特によかったのだと思うが、湖に沿いには、美しくデザインされたチューリップとすみれの花壇が続き、その周りには緑の芝生。ベンチには年金生活者っぽい優雅な老夫婦や、カップルなどがいる。

広場には、子供が無料で遊べる施設があり、さらに、野外、等身大チェス(っていうのだろうか)を楽しむ大人たち。

パステル調のカラフルな建物に噴水。湖には白鳥や、鴨がいっぱいいる。
湖はきらきらと太陽を照らし輝いていて、波もなく、静か。
そして、水はとっても透明できれい。

そんな中、遊園地に走っているような、赤と白の「観光客用電車」に乗って観光気分をさらに盛り上げてみました。

町には、BURGER KING、H&M 、MANGOなどのお店もあり、イタリアには入ってきていない
お店がある。

広場に面したオープンカフェには人がいっぱいいて、大道芸人の演奏などもあり、賑わっている様子だ。

言葉はイタリア語が通じるし、スイスフランがなくてもユーロでも支払いが可能だった。

イタリアのパンにはうんざりきている私は、さっそくパン屋をみつけて、
フランスパンを購入!

イタリアのよりはおいしいが、フランスのよりはおいしくない、、、やっぱりスイスだな、、。

のどかで美しい町。ルガーノ。

横断歩道にたっても、車は止まってくれないイタリアになれた私は、ちゃんと車が止まってくれて感動~したのだった。


素敵だ~。
[PR]
by firenzewebnet | 2006-04-26 03:02 | スイス旅行
というわけで、先週末は、私もフィレンツェを離れて、北へぐんぐんとのぼり、
ミラノをさらに1時間ほど、北へ行ったコモ湖からスイス領土へ入り、
スイスのルガーノ、とロカルノというところに行ってきました。

フィレンツェから車で5時間ほどで着きます。

北へ行けば行くほど、感じること。
①お店の店員などの対応が丁寧なこと。
てきぱきと働いている。そして、特に女性が感じがいい。

②人々がやせていて、背が高くなっていく。
顔も、鼻がツンととがっていて、きつね系というか、細い輪郭。
そして、髪の毛も薄茶色系、と色が明るくなっていく。

③高速道路のドライブインなどで「トイレがきれい」になっていく。

b0004407_1923383.jpg

④売られているものが違う。
ドライブインで「ユベントス&ミラン」のサッカーグッズが売られているので「北にきた」
というのは分かるが、売られていた本でも「北」を感じることができる。
「経済書、、XXマーケティング書」などがこんなところで売られているではないか!
中部、南部イタリアのドライブインではこんなの買う人いないと思うからもちろん売っていないけれど(多分ね。私の記憶では見たことがないように思う)さすが「北」である!

こんな細かいことにいちいち反応して「旅を楽しむ」のだった。
そして、さらにスイスへ~~~。


ランキング参加してます。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-04-25 19:00 | スイス旅行