「ほっ」と。キャンペーン

フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2004年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

私の義理の妹〔イタリア人)がデンマークの旅行から戻ってきた。
私自身もデンマークには行ったことがないのだが、イメージとしては
北欧のような感じ。つまり、税金が高いかもしれないが、人が人間として住みやすい環境の整った国。犯罪もすくなく、ちょっと退屈かもしれないが、落ち着いた感じ。物価は高い。

なので、彼女が旅行にわざわざ行くと聞いたとき「何でまたデンマークなんかに?」と思ったが、さぞかしホテルが高いのでは?と聞いたところ、「アパートを2週間借りるのに、XXEUROよ」とXXの部分は忘れてしまったが、「え、やす~~い!」と思った記憶が。
イタリアのアグリツーリズモなんか最近ほんと高くなっているが、それに比べると半額くらいだったような気がする。あと現代アートを愛する彼女としては美術館巡りもしたかったそう。

さて、今日戻ってきて、いろいろと話を聞いていると私の想像していたところよりさらに「社会が大人」な感じがした。
まず車がホント少ないそう。フィレンツェのように規制しまくって入れなくしているのではなく単純に少ないそう。それでもって自転車がすっごく多いそう。まるで、中国のようなのかしら???環境汚染を考えてことがエスカレートしたのか?自転車がただで配られているのか?自動車が環境汚染のことを考えて異様に高いとか?
ま、詳細は分からないが、信号が変わったとき、自転車に優先権があるらしい。
あとは馬が多いそう!スポーツ感覚というよりは本当に馬を交通手段をして使っているそう。
(別にインタビューしていないので詳細はわからんが)

で、じゃあ、、馬の糞だらけなのでは?
と思いきや道はきれいで、100Mごとに犬(や馬も?)の糞などを捨てるビニール袋が無料であるらしい。

極端に環境や健康のことを考える人々なのか?と思いきや、どこでも喫煙可能で皆ほんとたばこをよくすっているそう。(ってたばこもニコチン無しのだったりして?、、、)

そして雨が降ったときにだれもか傘をささないらしい。

そして!人々は朝の9時から16時もしくは17時までしか働かないそう。
ただイタリアのように13時~16時はお店が閉まるってことは無いそうだが。
そして週末はお休み。
家族と一緒にすごす時間を作る為。だそう。(ってだれが言ったかは不明だが)

16時17時までの勤務で残業無しで、それなりの生活のできる給料を貰っている。
ってことか?なんともうらやましい話だ。
経営者は「残業させるな」とかいう法があったりして大変かもしれないが、
従業員として働く分にはなんともすばらしいことか。
こ~いう時間帯だったら出産後も母親が充分に働けるだろうし、女性が結婚して会社を辞める必要なんかもないのだろうな。

と勝手にいろいろと想像してしまった。

日本って金持ちな国だし、便利だけれども、やっぱり、20時までの残業あたりまえみたいな
社会で、家から会社まで満員電車当たり前、、。

やはり、人口の多い国は競争が激しく、勝つ為に人もいろいろと無理を強いられるのだろうか?

先日フィレンツェを歩いていて思ったのだが、8月末の日曜〔イタリア人のお店は大半お休み〕、中国人の経営しているお店はほとんど開いていた。しかもスーパーのようなところで「何時まで開いているの?」と聞いたところ「24時」だと。びっくり。扉には21時までって書いてあるのに、、、。(じゃあ聞くなよ!って?いや、聞いた後に扉を見たので、、)
本当は21時までしか営業してはいけないのでは?でも中国人は24時まで働いているのだろう。
消費者としては便利なのでいいのだが。
なんだかまるで日本のようだ、、日本人も同じように他が21時までなら家は24時までやるぞ!と思うだろう。
そして皆がそう思い、24時まで営業が当たり前になる、、。
悪循環。

競争の少ない社会は不便で物価も高くなる、競争が激しすぎるとその社会で生きていくのが辛くなる。

どっちもどっちだが、人生そんなに長いわけでもないのだから、いつ死んでも後悔しなくていいように、無理せず、もっと家族と過ごしたり、毎日の些細な幸せをちゃんと味わってたほうがいいのかも。
って最近思うようになってきた。
私もやはり30半ばに近づいてきたからか?
20代の頃はそんなこと思わなかったかも。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-30 22:18 | ただの徒然

メルカート〔市場)

b0004407_18371634.jpg

フリーマーケットのことをこっちでは「メルカート」と言うのだが、
イタリアの日曜日って結構お店が閉まっているのですが(今は夏休みでそれにさらに輪をかけるように閉まっている!)メルカートはやっています。だいたい13時に終わるのですが、中には夕方までやっているのもあります。
火曜(確か)の午前中のみやっているCASINE公園のが一番規模的には多いのですが、
(数キロ続く)、大半は服、靴、鞄、野菜、パニーニってのが多いです。
中にはアンティーク中心、古着(サン・スピリト広場)、ってのもあります。

私も旅行するたびにかならず市場があればチェックして、アクセサリーや、古着を買ったりしていたのですが、今ではあまり熱心に見なくなってしまいました。

というのもユーロになってから大して安くないからです。
「TUTTI 10EURO」とか15EUROとかが多い。15EUROって2000円近いじゃない、、、これならユニクロのほうが作りがいいぞ。と思ってしまう。
それにアクセサリーはやっぱり銀のものって後で黒くなったりするし、、。

昨日みたアンティークの市場は私にはその「価値を判定する目」が無いのでなんともいえないですが。

あと、メルカートの服っていろいろ見歩いているとどこも同じだなってことに気が付きます。
安っぽいピチピチのストレッチ素材の(しかし結構セクシー)シャツとか、パンツが多い。
先日ラベンナでも同じものが売っていたし(唯一違うのはフィレンツェではあまりみない短パンがあったが)、モンタルチーノも一緒だったぞ。
あとは、レースのテーブルクロスとかもよく売っている。
どうも同じで最近はサラッと流す程度にしか見ないのだが、イタリア人は結構熱心にみていてしかも買ったりしている。何故だ?物がたまらないのだろうか?

最近、「安い」と言えば、GIGLI〔ジッリ)。フィレンツェに住むイタリア人なら皆知っている、郊外にある大型ショッピングモール。いろんなお店が入っています!

今年のGIGLIの夏のセールはかなりお買い特商品が多かった!
しかも値段をジリジリと下げる。あ、しゃれのつもりじゃなかったのだが、、って日本人にしか分からないしゃれ。
最初は20%OFF!それが30%、50%、70%TUTTI2.99EURO.TUTTI5EURO!
え、、先週同じものを10EUROで買ってしまったよ!
でも5EUROで素敵なパンツを買ってしまった。ラッキー。

去年はセールの値下げ具合がけちけちしていたが〔一番笑ったのはIKEA-家具屋の4%OFF!!おいおいせめて5%にしてくれよ、、それでも微々たるもんだが)、今年は去年の分も一緒に思い切ったよう。これを機会にインフレになんとかブレーキがかかり、値段が下がればいいのにな。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-30 18:36 | イタリア旅行

ガラガラのプラト

b0004407_7222418.jpg

プラト。
フィレンツェの隣の町で織物の工場が多いところです。
今日の晩、プラトに住む知り合いの家で夕食をごちそうになりに行ってきました。
夕食前にせっかくなのでプラトの町をブラブラっと散歩。

家から車で30分とかからないのでたまに行くのですが、今日は夏休みでどこのお店もお休み。ほ~~んとどこもガラガラ。
本日19時ごろのDUOMOの広場前の写真です。ガラガラ具合が伝わるかしら。

つまらないので、すぐ近くのCHINA TOWN(と勝手に名付けた) へ。
織物の工場で多くの中国人が働いているせいか、ほんとPRATOの一角は中国人が多い。
そして、中国人通りがあり、そこには中国人学校、お店、お惣菜やとほんとまるで中国のよう。
私もたまに食材を買いに行きます。
中国語で話かけられたりします、、、。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-21 07:21 | イタリア旅行

フィレンツェの夜

b0004407_210562.jpg

昨日久々に夕食後フィレンツェCENTROを徘徊してきました。
郊外からフィレンツェは行く道はガラガラで、いくら8月といえどもこんなに道が空いていることはあまりないそう。
やはりインフレと以前にも書いた、駐車場の問題でCENTROのイタリア人離れが激しいのか。
ま、とはいえどもDUOMO前や、共和国広場には人がいっぱい。
大道芸人がいたり、野外映画(ベニーニの最初の映画を上映していた)がやっていたりでなかなか盛り上がっているではないか!
結構湿度の高い30度近くある夜。
どこかでビールでもと思って、いい感じのお店を探し歩いたのだが、かなり夏休みで閉まっている。もしくは、結構がらがら。観光客の皆さんもお金を使わず、歩きながらジェラート食べてるし。
なんかおもしろそうなところないかな~、、、と仕方がなくCENTROを出てミケランジェロ広場のふもとあたりをバイクで通ると、「お、明かりがあって盛り上がっているではないか!」
夏場のみの野外スタンドができている!駐車しやすいせいか、イタリア人だらけで盛り上がっているではないか!着いたのが24時近くというのもあり、すでにライブらしき催し物は終わってしまっているようだが、押すな押すな状態。
ビールがプラスチックカップで3~6EURO(多分)。

しかし、、暑い中、野外もないでしょ~、、ってことでその近くの
行きなれたクーラーの利いたNEGRONE(だっけ?)でいっぱいビール(小)3EUROを。
以前は入れないくらいいつもいっぱいだったのに、なんでこんなに空いているのだ??
あの野外にお客を皆とられたよう。
PUB経営って難しいのね。

夜のDUOMOの写真をどうぞ
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-20 20:58 | イタリア旅行

冬には、、、

この辺なのですが、実は本場は冬のようです!
そう「スキー」場!
インフォメーションセンターでスキーのリフトの案内図をもらい、ホテルリストもGET.
もう随分長いことスキーしていないが〔スノボーも)今年こそはやりたい!!

パンフを見る限り日本よりは随分と空いているみたいだし。

リフトの一日券は30EUROくらいらしい。インフォメーションのお兄さんいわく「高い」とのこと。きっとこれもユーロになって値上がりしたのだろう、、。

今年こそ行くぞ!!それまでBLOG続けていたら写真添付しますね。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-19 16:57 | イタリア旅行

ピアストレ続き

b0004407_16435074.jpg
中世の格好以外に目玉として、ロバレース?があったようです。
(これは終わっていた)レースなのか、ただロバのりなのか分かりませんが。
なんとなく写真を撮ったのですが、目線を頂いていたみたいで。アップにしてみました。
ピアストレの山のイタリア人男性です。なんだかいい人そうですよね。
まさかこんなところに自分の写真が載っているとは思っていないだろう、、。

ビンゴみたいなこともやっていましたが、1等賞なんだと思います?
「馬一頭」!!
え~~そんなの貰っても大丈夫な家に皆住んでいるのかしら??
山ならではですよね。

「牛」ならバーツバーツ食べればいいのですが。(う、残酷)
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-18 16:38 | イタリア旅行
ピストイアを通過し、坂道をぐんぐんを登る。
バイクだと直接外気の温度がよく分かる。
バイクの温度計が34度だったのが、ぐいぐいと下がり、標高750Mの小さな山に囲まれた村、PIASTREに到着。
26度まで下がりました。涼しくて気持ちがいい。
とってもかわいいこの町。
なんだか中世の格好をした人々が。

夏によくイタリアの各地でやっているお祭りで、中世のお祭りっていうのがあり、
ここでも今日16時からスタートだそう!

あと少しで始まりそうなので待ったものの、マイクテストやらやっていてまだまだ始まりそうではない。16時半まで待ったところ、人々はかなり集まっているがまだ始まらない。

あ、、イタリア時間。というかイタリアの村時間。16時といっても始まるのはもしや17時とか?いや、18時かも。

ということでさらに山の上の方の村へ行くことに。

さらに山奥へ。
San Marcello Pistoiese へ。
ここは山の中では結構大きな町のようで、わりと人がいた。インフォメーションセンターもある。子供達が水風船で遊んでいた。26度だが、ここの人たちにとっては暑いのだろう。

ここでもなにやらお祭りがあるようだが、まだ始まっていないようなので、ジェラートを食べることに。
イタリアのこ~いう町には、暑さから逃れるために、山にドライブにきた人々がなんとなくジェラートを食べたりしています。
夏は若者は海へ!日焼けしに!
比較的お年寄りは山へ涼みに。といったパターン。

ジェラートを食べ、町を一回りしても30分とかからない。
ゆっくりとPIASTREに戻るとお祭りが始まっていた!
ちなみに18時半ごろ。
あの舞台の上の老人は市長とかかしら?しかし、
イタリア人は中世の格好が似合うなというか違和感がない。
日本人が今、侍の格好したらけっこう違和感があると思うのだが。
b0004407_23232736.jpg

[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-17 23:23 | イタリア旅行

ピストイアの山まで

b0004407_7131320.jpg
先週末は、涼みにピストイアの山までバイクで行ってきました。
14時の昼間、晴れ、フィレンツェの気温は34度。湿度が無いので日本ほど暑くはないですが、やはり結構あつい、、。
私の中古車はクーラーが無いので、バイクの方が昼間出かけるには涼しいのだ。

さて、バイクってすぐにガソリンがなくなるのね。
9EUROでだいたい満タンになるので安上がりだが。
まずはガソリンを入れて出発!

ピストイアはフィレンツェから北の山に向かった、山のふもとの町。
私の家は郊外にあるので、60~80KMで飛ばして40時間もあれば着きます。
その間にあったひまわり畑の写真です。

ひまわり畑はトスカーナよりはボローニャなどの方面に多いのですが、
こんな近所にもあったとは。
ちょっと暑さでくたびれたひまわり。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-17 07:13 | イタリア旅行

バイクで爽快!

そんなフィレンツェでも抜け道はありました!!
バイク!
バイクならテレパスの下もOK!
バス、タクシー専用車のゾーン以外はどこでもOK!
そして駐車も無料!!
車が少なくなったので、道はこどもガラガラだし。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-16 23:31 | ただの徒然
公共の乗り物を使って旅行をしていると気が付かないかもしれませんが、いや、
「フィレンツェは車が少なくでのどかだな~」と勘違いされる人もいるかもしれませんが、
フィレンツェ(だけではなく、シエナ、サンジミニャーノも」そう、、)以前に比べ、
車を運転するものにとって本当に不便になったのです!

以前は旧市街の許可の無い車の進入禁止ポイントには常に、警察官がいて、チェックして、
許可無し車は止められたり、見つかったら罰金でした。

しかし、去年から警備員の代わりに「テレパス」といわれる監視カメラが13個ほど設置され、朝の7時半から19時半(多分)にその下を通る車は有料になったのです。
もう相手が機械となっては「ニセパス」は通用しません。また、テレパス受信機をつけていないでそこを通ると罰金!
しかもつけていても、一回その下を通貨すると1EURO,,そして出るまで1時間毎に加算されるのです。住民や、仕事先が旧市街にある人は定期のようなもので払っているとか。
さらに、払ったからといって、いったん入ると今度は駐車が大変。

不便すぎ。
19時半以降も今まで20時行以降なら無料で駐車できていたところがほとんど有料化に!
しかも結構高い!

そんなわけで、旧市街はますます、観光客と学生のみになってしまってきているようです。
[PR]
by firenzewebnet | 2004-08-16 23:26 | ただの徒然