「ほっ」と。キャンペーン

フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0004407_21313222.jpg
フィレンツェにラーメン屋ができた!
という噂を聞いてから「行こう、行こう」と思いつつ日々がたってしまっていたのだが、先日、ラーメン屋がSMN教会のすぐ近くに引っ越したということもあり〔以前は少し不便なところにあった)
やっと、念願のラーメン屋に行ってきました。

おお~~ちゃんとのれんがあるじゃない!あの赤い「ラーメン」という字!!
こんなものをフィレンツェで見られる日が来るとは思っていなかった!
いや~うれしいな~。

外の椅子で食べるのが好きなイタリア人達がなにやら注文している。
「初めて食べるラーメンなのか?スパゲッティのブロード、、とか言って説明しているのかしら?」
なんだかほほえましい。
我々日本人は余裕の笑顔をかまして中のテーブル席へ。

はは~~。壁にメニューが。
うん。しかもきれいな日本語で書かれているぞ!
〔中国人がやっているニセジャパニーズレストランではあやしい日本語で「いらっしゃい」とか書いてあったりする)

何にしようかしら??ルンルン。
奥のテーブルにも日本人がいるわ。おお、、おいしそうに食べているではないか!

おや、壁には誰か芸能人のサインと写真が!!〔ラーメン屋らしくていいな~)
近寄ってみると「ジミー大西」でした。
ウルルン滞在紀でどうやら来ていたらしい。
〔オンエアいつだろう。観たいな~)

メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、などで醤油味のみ。
それでは、まずは定番のラーメン、友人はチャシュー麺イッテみましょうか。
b0004407_21322298.jpg
おお、、オーダーととりにきたのは、店長+麺を自前で打っているAKIRAさん!
怪しげなバンダナがいかにもラーメン!って感じで心和むわ。
そして、「ハイ!ラーメン2名様、、」とオーダーを繰り返す声はさすが、歌の勉強をしている(た?)だけあって張りがある!
彼はなんと毎日自ら手打ちパスタ、、ラーメンを作り、ダシもすべて、、やっているのだ。

そして待つこと10分ほど、、「お待たせしました!」(おお、まるで日本にいるようなこの言葉!)そして登場したラーメンがこれ!〔写真はチャーシュー麺)
おお、チャーシューサービスしてくれたのか、なんだかとっても多いわ。

お味のほうは?
写真でもわかるとおり、「うう、、おいしい!」と我々日本人皆、口に入れた瞬間目でカンドーの合図を送っておりました。スープもくどくなくかつコクのあるお味。
ビールはASAHIもあったぞ。

ちなみにお値段は普通のラーメン7ユーロ。手打ちで海外ってことを考えると安いでしょう!

b0004407_2137732.jpg
イタリア料理に疲れたあなた、、ラーメンでも食べにいこっかという方は私の運営しているフィレンツェウェブ・ネットで予約承っています(うそうそ)。
SMN教会の脇の小道、VIA DEI BANCHI にあります。
BLOG見たって言ってみて!何かサービスしてくれるかも!〔何それ?って言われたりして、、)

イタリア人も上手にお箸使って食べてました〔写真右)
b0004407_22363023.jpg
[PR]
by firenzewebnet | 2004-10-15 21:29 | イタリア・レストラン
b0004407_325793.jpg
フィレンツェからこんなに近いところにザ田舎があったとは!
先日ふとした知り合いから乗馬クラブのことを知り、ちょっと行って参りました。

フィレンツェから車で30分ほど、ボローニャ方面へズンズンと山を登って行きます。庭園で有名なプラトリーノを過ぎ、さらに細道に入り、マイナーな道を進みますと、のどかな風景になり、空気もさらにきれいに、まさに「田舎」になります。

馬、猫、犬が住むにはサイコーな場所が広がります。

そんなところに自分の馬を持っている彼女〔写真左)、随分昔から馬を自分の娘のように愛し、毎日CENTROから仕事のあとはここへ馬に会いにくるそうです。

基本的にプライベートクラブですが、1日体験、3日コース、なども可能だそう。
私もいつかやってみようかな、、。
スポーティーな週末を過ごすにはいいかも。

さらに、予約をすればランチ、やチェーナ(夕食)も食べられるそう。
彼女いわく「おいしい」そうです。

大草原の中で乗馬。なんと贅沢な!
指導してくれるのは写真にも写っているアンドレア先生〔写真右)!
ちょっとキャラクター強めですが、、、馬を語る目はとっても熱く、
自然を愛する人なのだな、、、って感じです。

フィレンツェにお越しのさいに、乗馬経験されたい方!
フィレンツェウェブネットでお申し込みいただけます。

b0004407_22363023.jpg
[PR]
by firenzewebnet | 2004-10-14 03:02 | イタリア旅行
先日、リチャードジノリのアウトレットと美術館に行ってきました。
以前から行きたいな、、と思ってはいたのですが、先日ついに行ってきました。

世界のジノリ(といっても過言ではないでしょう)が家からこんなに近くにあるのです!
それは行かなくては!!!

え?ジノリって何?って言ってるあなた!

コーヒー1杯700円以上の喫茶店などでよく出る、あのプルーンとかお花とかの絵がついた高級感あるティーカップ、、あれですよ。

そうです。あのジノリは、フィレンツェから少し離れたところで生まれたのです。(18世紀初頭に)今では、大きな工場とジノリ家の豪邸があり、今でもそこに住まわれているそうです。(これは公開されていない)

まずは美術館に!アウトレットのすぐ隣にあります。 パネルの説明を読みながらジノリ家の歴史を理解できるようになっています。〔パネルは英語、イタリア語〕
リチャード・ジノリって一人の人名ではなく、途中でリチャード家がジノリ家と一緒に経営をするようになったからだってご存知でした?そのときに、ジノリ家がリチャード家にささげた、ティーセットがすべてリチャード家の名前入り(すべて手書き)!
ファミリーツリーのティーカップ版のようです。
また、有名なイタリアンフルーツのシリーズの元祖?のお皿が手書き!またバラの花もすべて手書きバージョンがあり、すこし線が曲がったりしているのがまたいい。

毎年春にこの美術館内で絵付け短期コースがあるみたいで、そのときは実際のジノリの職人の指導のもとオリジナル商品を作れるそうです。ジノリファンにはたまらない?
私もちょっと参加したくなってしまった。

なるほど!ジノリもいろんな種類があるのね~~と感心し、、アウトレットへ。

美術館で勉強したあとだと、このシリーズは2代目ジノリのときのデザインだな、などわかってさらにおもしろいです。
金のついた高級なものもセットでかなりお安いお値段でした!
放出品のようなコーナーでは、1000円以下でカップ&ソーサーが買えます。
日本への郵送もしてくれるそう。
ついつい、セットを衝動買いしてしまいそうだ。
え~い、買ってしまえ~!だって、日本で買うより断然安いし、珍しい商品もいっぱいそろっている!
地元イタリア人らしきマダムもお皿を見る目が真剣でした。


「私も行ってみたい!』という方は、
私の運営しているフィレンツェウェブ・ネットの「小旅行」から是非お申し込みをどうぞ!

b0004407_22363023.jpg
[PR]
by firenzewebnet | 2004-10-05 01:49 | イタリア・ショッピング