フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イタリアに住んでいて普通にテレビをご覧になっている方なら
絶対に見たことがあるでしょう、、というくらいしつこく流されていたWIND(イタリアの携帯の会社)のテレビコマーシャル。

3人のイタリアでは有名なコメディ男優がWINDの店頭で
店員:「30ユーロで40ユーロ分の通話が可能です。」
B氏:「それは何かの間違いじゃないですか?」
A&C氏:B氏を袋叩きにする。(そんな質問するんじゃない、、、といった意味で)

けっこう笑えます。同じような内容で別のシリーズもあったりして、おもしろいCMだな、、って思ってました。

しかし、、、、、そこには落とし穴がある、、と先日気がついたのですが、、、
最近ではもうこのCMはやらなくなってます。
しかし、その落とし穴にはまった人は多いのでは?

確かに40ユーロ分通話ができるのですが、なんと1ヶ月以内に使用しなくてはならないのです。ちなみに普通にお金を追加した場合は1年使用期限があります。
しかし、そ~~~んなのもちろんお店では誰も言ってくれませんし、あのCMを見ていると馬鹿な質問するんじゃない、、、とどこかにすりこまれてしまうから詳しく聞く人も少ないでしょう。

私はTIM(イタリアの携帯の会社。DOCOMOのようなもん)ですので被害にはあいませんでしたが、
身近な人々で結構この罠にひっかかった人います。

ヴォダフォンも同じようなキャンペーンをやっていて、10日以内で使わないとならない、、とかもあるそうです。
もちろんそんなこと買うときに誰も教えてくれません。

しかしひどいですよね!
もう十分にひっかかったからCMは打ち切りなのでしょうか?

しかし驚くことに、身近なイタリア人たちよ、それほど怒っていなくて、「仕方がない」といった感じなのです。

”PERCHE’”(なぜ!)

こんなことでいちいち怒ってたらイタリアでは大変だからでしょうか?

皆さんも気をつけてください。
「そんなおいしい話はない!」
イタリアでは特にそうです。


留学中の皆さん、少しはお役にたったでしょうか?SIの方はこちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-25 05:05 | イタリア生活
どうしても口座を開きたい場合は郵便局の口座をお薦めします。
むしろ銀行よりも郵便局のほうが窓口が開いている時間が長いし、支店もいっぱいあり便利です。

口座を開くには、「滞在許可証:半年以上滞在期間が残っているもの」(半券ではなくちゃんと本体が必要です)
パスポートなどの身分証明書
CODICE FISCALE(税務番号)
が必要です。申し込みをしてから暗証番号や、ATM用カードが届くまで2~3週間ほどかかった思います。
郵送で届いた番号を郵便局へ持参して、登録してもらい始めて使用ができます(だったと思います)

イタリアに来てから最短でも滞在許可証がもらえるまで40日間かかり、それからさらに2週間かかることを考えると2ヶ月間ほどかかります。

いったん開いてしまえば、日本から送金してもらう場合に為替手数料や送金手数料が結構安くてすみますので、面倒でなければ挑戦してみるのもいいかもしれませんね。受信するのに数ユーロ手数料がかかりますが、、、。

しかし維持費(2~3ヶ月毎に10ユーロ程度かかっているような気がします)
カード費(毎年5ユーロ)
など日本ではかかるはずのない手数料が引かれることになり最初は驚きますが、銀行よりは「ずっとまし」ですのでそういい聞かせて耐えるしかないでしょう。

日本ではついいくつも口座を作ってしまい、そのままにしている方も多いと思いますが、イタリアでは決して無駄な使わない口座を放置しておく人はいないでしょう。


留学準備中の皆さん、少しはお役にたったでしょうか?SIの方はこちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-14 04:10 | イタリア留学
まず一番簡単且つ、多くの留学生がお金の引き出しをしているパターンは、
日本の銀行で、「インターナショナルカード」を作ってもらう方法です。
「PLUS」マークのあるATMで普通に暗証番号を入れて引き出すことができます。
どこの銀行にもあるとは限らないので、ご自分のメイン銀行で聞いてみるといいでしょう。
そのとき「イタリアで使用できるか」もちゃんと確認しましょう。

私はシティバンクのカードを持っていますが、これでも引き出すことができます。

この場合の手数料ですが、1ユーロにつき約7円くらいかかっていると思います。
詳しく調べていないのでわかりませんが、こまめに引き出すと手数料が多いような、、、一気にたくさんだせば比較的少ない、、ということも聞いたことがあります。

しかし、この場合の問題点は「どこの銀行のATMでもでもPLUSマークがついているとは限りませんので、まめにATMを見つけてはチェックしておくといいでしょう。

さらに、もっと深刻な問題点としましては、「現地でカードが使えない!」という点です。
実際私は日本では普通に使えていたシティバンクのカードがイタリアでどうしても使えないので問い合わせてみたところ「磁気破損」とのことで、再発行してもらわなくてはなりませんでした。幸いTCが結構あったのでそれを使ったのと、なるべくクレジットカードで支払い(大勢で食事などした場合自分がカードで払い、皆から現金をもらうなどして現金集めをしました)何とかクリアいたしました。

たまに、こういうこともありますので、「すべてカードでOK」と安心して、現金もTCも小額ギリギリでくるのは少々危険でしょう。
もちろんクレジットカードは持ってきておくといいでしょう。

国際カード+クレジットカード+すぐに必要な現金ユーロ+ユーロTCという組み合わせが安全かと思います。

それでも口座を開きたいという方、、TCも現金もなく、国際カードが使用できなくて困っている方、日本から送金してもらいたい方、、。
その方法はまた次回。そしてこちらのCLICKも、、、。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-13 17:00 | イタリア留学
1年の留学となると、「現地でのお金の管理をどうしようかな」と誰もが思うと思います。そこで普通に「銀行口座を開こう」という発想に至りますね。

私もそう思いました。

しかし、以前の私の記事(2004年12月)でも取り上げているように
「イタリアで銀行口座を開くのも維持するのも、閉めるのも」お金がかかるのです!

日本で基本的に「無料があたりまえ!」なのに慣れてしまうと、
「手数料が毎月かかる!」なんて発想すらないかと思います。
しかし、利率は日本よりいいです。
ですから大金(かなりの額)を長期貯金することができる方でしたら
「もしかしたら悪くないかもしれません」がわざわざイタリアで投資をしようという人など留学生ではいないでしょう。

ちなみに、先日テレビのニュースで
「ヨーロッパ一、銀行の手数料が高いのはイタリア」といってました。
2番目はドイツだそうです。
いずれにせよ、手数料がかからない日本人からしてみれば、「どこも手数料がかかる」ってだけで「信じられない!」って感じなのですが。

というわけで、私は「イタリアで銀行口座を留学期間中に開くのは絶対にお薦めしません」
イタリアでローンを組んで家をかったりビジネスをはじめようという方は仕方がありませんがそれ以外の方は、やめられたほうがいいでしょう。

さて、それではどんな方法があるかといいますと、、、
それは明日書くことにしましょう。


続きをお読みになりたいかたはこちらをCLICK.ありがとうございます。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-12 18:06 | イタリア留学

コモ湖

b0004407_514324.jpg先日、コモ湖へ一泊旅行してきました。
「コモ湖は美しい」と常々人から聞いていたのでいつか行ってみたいな、、と思っていた場所。

旅行をするときに、怖いもの見たさで、普段とは違ったものを求める癖のある私は、今まで、イタリアであったらシチリアいやナポリ、と南のほうへ冒険心で行ってみたりしていましたが、大体行きたいな、と思うところは制覇してくると今度は「美しい場所」などにも行ってみたくなるものです。
コモ湖はイメージ的にはスイスのように「美しい BUT 退屈」といったイメージがあったのですが、心の和むそんな場所にも行きたくなってきたわけです。

そんなわけで、トスカーナにすっかりなれてしまった私が「北イタリア」に行ったところ、「人々がてきぱきと気持ちよく働いている!」と変なところに感動したりしてしまいました。

お店の店員とかが感じがいい、、、。(まあ一部の人しか見ていませんが、、、、)

b0004407_5142250.jpgコモ湖といえば、世界のVIPが豪邸を買う場所、、、だそうですが、、
最近では、ジョージ・クルーニーが豪邸のみならず、プライベートビーチまで買ったということで、芸能ニュースでは話題になっておりました。(ちなみに写真はジョージの別荘ではありません)

「ジョージ・クルーニー」日本ではそれほど「かっこいい人」とされていないように感じますが、イタリアでは妙に人気があるように感じます。

そんなわけで、遊覧船にのって、豪邸を眺めて、ケーブルカーに乗って、山の上から湖眺めて楽しんできたのでした~。

しかし、生活レベルが高いせいか、皆おしゃれで今年のファッションに身を包んだ、スタイルのいい美男美女が多かった、、、。イタリア人!というよりは、「北!」って感で、背も高めで、金髪率が高く、スイス&ドイツ人がまざったという感じのイタリア人が多かったです。
(実際にハーフなのかも)

私も服でも買おうかな、、、という気持ちに久々になりましたね。



b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!

b0004407_22363023.jpg
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-11 05:15 | イタリア旅行

そしてお花!

b0004407_3132035.jpg風景画の後はお花に挑戦!
より簡単に見えますが、難しかった!
でも、細かい動きで描くよりは、一筆の動きが大きくグラデーション&細~いまっすぐな線の描き方がポイント!ってところはマジョリカにも通ずるところがあり私にはこっちのほうが楽しめましたね。
好みでしょうか。

しかし、やはりマエストロのお手本を見てわかった気になっていたのだが、いざ筆を手にとると、
「あれ?筆の動きはどうだったっけ?」
「オイルの付け具合は?」
と一体私は何を見ていたのだろうか、、。
すっかりわかった気になっていたのに、、、、と反省。

自己流で描いた美しくない葉っぱをみたマエストロは、大昔にお習字を習った時のように、筆の持ち方から直されて
「ハイ、描いてみて。そうではなくて、、このように!はい、やってみて。」
と徹底的に直してくれました。
先生の言うことをまったく聞いていない駄目生徒のようでした。
しかし、言われた通りに描いたら少しはまともな葉っぱになりました。

「あ~あ、、」とすっかり疲れて手を休めていると
”Su(スー)”といわれます。
イタリア語で  Suは上、giuは下。つまり気持ちが(LOW)giuになっている私を見て、
がんばれ!しっかり!
と声をかけてくれているのです。

集中力が続かないと描けませんね。特にポーセリンは。
まあ、集中して没頭するのが物作りのいいところでもあるのですが。
ということで、2枚目のお皿です。

この後は念願のフルーツ!
チェリーに挑戦しましたが時間が足りずに終わってしまいました。

「練習が大切です。」
とマエストロ。

熱心に教えてくださってありがとうございました!


b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!

b0004407_22363023.jpg1ヶ月サボってたら見事ランキングの下~~のほうへ。お助けのクリックを!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-07 03:14 | イタリア留学
ということで4日間がんばりました。
初日の4時間はどうなることやらとドッと疲れましたが、2日目から難関なものに向かっていく喜びと充実感さえ覚え、振り返ればあっという間の4日間。

b0004407_2511349.jpgポーセリンの難しさは、筆遣いのみならず、色の調節の仕方も大きなウェイトを締めているのです。
粉(絵の具)を松の木の油とうまく練りペーストを作り、
筆にちょうどいい具合に油を含ませ、色を筆にのせていくテクニック。
陰影をつけるために、筆の片方に絵の具を多く含ませたりするのも結構「難」です。

べた塗りにならないように気をつけるのがポイント。

初心者は一度の筆の運びで塗る面積の少ない「風景画」から始めるといいそうです。
そして、その後にフルーツ。しかも小粒なものから。そして一番の難関がバラのようです。

まずは先生の言われる通りに、私も風景画からスタートしました。
しかも青色の一色画で。
近いところは濃く、遠いところは薄く描くのです。
この「薄く」がなかなか難しい、、、。
時間もあまりないので、1枚目はさすがボツになりましたが、2枚目を描きなんとか焼いてもらえることになりました。2枚目の風景画はハイライトにオレンジを入れて2色!(わかりますか?)
(先生にかなり助けてもらいましたが、、)
我ながらなかなか満足しております。


b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!

b0004407_22363023.jpg1ヶ月サボってたら見事ランキングの下~~のほうへ。お助けのクリックを!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-10-05 02:52 | イタリア留学