フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

26日 クリスマス後

なんとなく暇でも、
「あえて仕事はしたくはない」クリスマスの次の日。

元旦のあとのお正月ムード、そのよ~な、怠惰な空気に覆われている
イタリアの12月26日です。

そろそろ家族との集会から開放され、カップルで過ごしたりする人も多いことでしょう。

今日も祝日なので、お店も閉まっています。

明日からは普通に仕事に戻ります。
30日も仕事するところが多いです。
なんとなくすでに今年も終わったか、、的な雰囲気。
クリスマスで変に、ブレーキかけて、ゆっくり、まったりしちゃうと
調子がくるってしまう「和」な私。

一方、日本では、師走で誰もが忙しく走りまわっていることでしょう。
テレビもお店もあおってあおって、大声で「やすいよ~!」と商店街の
おじちゃんの声が聞こえてきそうです。
目が回るような日本の年末はあまり好きではなかったですが。
[PR]
by firenzewebnet | 2005-12-27 02:08 | イタリア生活

ナターレにどっぷり。

例年のようにクリスマスは親戚一同集まり、これでもか!というほど「おも~い」イタリアンな昼食をとり、
そのまま、夜まで、あたりさわりない会話をして(親戚ってこういうもんよね)
過ごします。

24日は家族で過ごし、夕食後には暖炉の前で、ツリーの下に飾られたプレゼントを交換をします。
「ありがとう!」Ti voglio bene,,,(あなたのことを大切に思っている、的な意味)
と暖かい言葉を掛け合い、まるで映画に出てくるような絵に描いたような、「暖かいクリスマス」。
イタリアの多くの家族がこのように過ごしていることでしょう。
そして、23時半ごろから始まり25時過ぎまで続くミサに行き、というパターンが多いのですが、
私も今年はミサに行こうかな、(教会が家の目の前なので)と思ったのですが、
早めに行かないと座れないどころか、立つ場所のないくらい混み合うので、
家でRAIでバチカンのミサをみることに。

さすがバチカンからの映像は美しく、法王ほか、カトリック教徒の上層部の人々や、
ガードマンの服装を見ているだけでも楽しい。
しかし、25時ごろ私はソファーの上で寝かけてしまいましたが、(多分少し寝た)
目が覚めても、法王を含めかなりのお年寄りの方々がんばられてました。
寒い中お風邪をひかれないかしら?と心配になってしまう。
そして終わったのは26時。

イタリア語でクリスマスのことをNATALE(ナターレ)といいますが、これは、誕生、産まれるという意味。キリストの降誕の日。いたるところで、プレゼーペが飾られ
この意味を感じずにはいられないイタリアのクリスマスです。

一方、TV放送局は
毎年のように(というか本当に毎年)、TVでは「ホームアローン」(イタリア語タイトル Mamma, ho perso aereo=直訳:ママ、飛行機乗り遅れちゃった!)が流れ、別チャンネルではバチカンでの子供たちによるクリスマスキャロルコンサート。これも恒例ですね。
あとは古めの映画。(視聴率とろう!なんて考えているプロデューサーいるのかな?)

ちなみに、バチカンのミサが終わったあと、家の衛生放送のチャンネルを回していたら、
あの「メルギブソンが監督をして話題になった”パッショーネ”」をやっていました。
前から見たかったのですが、「かなり痛々しく衝撃的な映像が多い」と聞きなんとなく避けていたのですが、
ついに見てしまいました。今さら知ったのですが映画も「ラテン語」なのですね。
私、メルギブソン=英語 と勝手に思っていました。
「誰もが当たるとは思わず出資をしなかった映画」、なるほどね。
言語も譲らなかったわけですね。その「こだわり」が観客に届いたのでしょ~ね。
いや、すばらしい。あの衣装もすべて、メル・ギブソンがすべて出資したのかと思うと
すごいな~、、彼のパッションを感じましたね。
イタリア語字幕は少々つらかったが、、。
終わったのは朝の3時半ごろ。重かった。でも目が覚めてしまった。

でも、人にいまさら聞けないような、聖書の常識をいっぱい知ることができました。
なるほどね。
イタリアに住んでいると、キリスト関係のものにしょっちゅう出くさざるおえないので、このくらいの知識はやっぱりあったほうがいいのかも。

仏教の関係の映画とかもあったらいつか見て勉強しておきたいものだ。
(イタリア人に聞かれるといつも何も答えられなくて困るので)

しかし、バチカンのミサのあとパッショーネ。
見事な「クリスマス」を過ごした2005年でした。


ランキング参加してます。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-12-27 01:32
寒い日々が続いていますが、皆さんお元気ですか?
いや、寒いのってほんと嫌ですよね。

全館暖房効きまくりの部屋で過ごし、家の中からつながっている車庫から温まった車に乗って移動して、
そのまま、暖かい車庫までいって、そのまま暖かい、建物へ、、、
ってな生活をしていれば別に苦にならないのでしょ~けれどね。
電気もガスも安いアメリカや、(多分)防寒対策がバッチリありそうな
北欧とかではそうなのでしょうが。

しかし、ガス代も電気代も高いイタリアではけっこうケチケチとしているので、寒いわけですよ。
アパート全体で暖房を効かせている建物は別として(光熱費がみんなで割り勘なため、使わなきゃ損!
状態で暖房効きすぎのところもまれにあります)
一般家庭はそれぞれでしょうが、学校も、バスも、レストランも薄寒いところが多い!

自分の家ならいろいろと防寒対策グッズをそろえたりできますが、
留学生でアパートでお部屋や布団もすべて借りている状態では「はずれ」
アパートでさむ~~い思いをした場合は耐えるしかありません、、、。(涙)

私も昔、さむ~~いアパートにイタリア人女性とシェアで数ヶ月間住んだことがあったのですが、
私はほとんど、凍えていてたのに、彼女ったら、素足にサンダル、そしてけっこう薄着でした、、、、。
当時「光熱費込み」で滞在していたということをあまり認識していなかった私は、
遠慮気味にあまり暖房などをつけたり消したり、ましてや
温度調整なんてしなかったため、「どうしてイタリアの暖房ってこんなに効きが悪いのだろうか?」な~~んて
思っていたのですが、同居人が実家に戻ってしばらくいないときに、暖房の温度調整をしたら
ぜんぜん効くではありませんか!!
いや~ただタンに「暖房をけちっていた」のでしょ~か、それとも「彼女にとっては
それでぜんぜん普通に暖かいと感じていたのでしょ~~か」。

今になって思えば、両方あたっていたのでしょうが、しかし、
「体感温度」っていうのが本当に違うだな、、って思いますね。

ショッピングしていて素敵だなって服を見ても
「あ、でもそんな薄手のセーター、どうぜその上にもう一枚着るから意味ないか」
とか「ストレッチ素材で、体のラインのでる、そして首周りのあいた素敵な服」とかも
「寒そう、、」といったことが頭をよぎり、買う気になれない、、、。
やばい、、。

しかし、イタリア人、こ~いう薄手の服とか、ノースリーブのタートルネックのモヘヤ素材のセーターとか
結構買っているのですよね、、、。人種の違いを感じる。

日焼けサロンなんかに通っちゃったりして、
「冬でも夏」状態のイタリア人よ。
テレビの中の世界ではかなり高い確率で、
こ~だけれど、一般人でもたまにいます。
体の内部から熱を発しているのでしょ~か?

寒さに弱い私にとっては、おしゃれが楽しめない「イタリアの冬」。
せめて、重ね着をするセーターの「色」で楽しむしかない。
[PR]
by firenzewebnet | 2005-12-16 04:26 | イタリア生活
b0004407_6114066.jpg


きれいですね~~~。
今日は久々に晴れて、フィレンツェにも人がいっぱい。
12月になったからでしょ~か。

去年の12月もBLOGにクリスマスのイルミネーションの写真を載せているのですが、こうやって写真を見比べると似ているようで微妙に違うのね。
去年のクリスマスの写真と同じ場所、Via Calzaiuoliです。


ランキング。写真で勝負!。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-12-02 06:16 | イタリア生活
と皆さんもお思いではないでしょ~か。
フィレンツェのみならずイタリア全体、雨ばかりの毎日!b0004407_3375963.jpg

11月はいわゆるフィレンツェの雨季ではあるのだが、11月の最初はそれほどひどくなかったけれども、ここ2週間ほどずっとずっと雨が降っているような気がする。いや、気ではなくホントーのなのだが。

以前に雨が続く時期にフィレンツェに来た留学生が「ずっとこんな天気なんですか?鬱になっちゃいますよ」と言っていたのだが、
1年の総降雨量の85%が11月なんじゃないかというくらい11月に集中している。
他の月は晴れているんですけれどね~。

この時期イタリアのどこかの町が必ず浸水して大変なことになる。
今は、ローマの空港の近くが大変らしい。
フィレンツェのアルノ川もギリギリセーフ状態。

11月はローシーズンでホテルが安くなるのも意味があるのですね~。


ランキング。写真が最近ないからいけないのか?ということで今回は写真をつけてみました~。
昨日の夜11時 DUOMOの近くの通り。 いつもなら人であふれているこの通りも寒さてガラ~ン。こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2005-12-01 03:23 | イタリア生活