「ほっ」と。キャンペーン

フィレンツェウェブ・ネット運営者BLOG 


by firenzewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上を見上げると

b0004407_740159.jpg


フィレンツェの町中にはいろんな彫刻や、壁画があって、5年間住んでいる今でもフッと信号待ちの間に上を見上げると今まで意識してみたのことの無かった、芸術があったりするのです。

もっとゆっくりみたいな、と思ったときに、ズーム倍率のいいカメラで写して
後でゆっくりパソコンで観るのは意外に楽しい。

こんな丁寧に作られているんだ~~。とか、
えっ、意外に手抜き?(でも遠くからみるときれい)なものもあったりする。


さて、これはどこにあるでしょうか?お分かりですか?フィレンツェに来たことのある人なら
この前は通ったことがあるはず。
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-23 07:43 | イタリア生活

イタリアの自動販売機

先日、陶芸学校の自動販売機でカプ チョック(という名前だったと思う)
(カプチーノとチョコレート味)を飲もうと思い、
ボタンを押してお値段をチェックしたところ40セントだった。

あまり深く考えずに、50セントがあったので入れてしまったところ、
おつりが出てこなかった、、、、。

よく読むと、「おつり出ません」と書いてあるではないか、、、、。

ああ、これイタリアではよくあることなんですよね~。
うかつにもやってしまいました。

まあ、でも40セントがなかったから「まあ、10セントくらい、いいや」って感じですが。

さて、その10セント、私のすぐ後に買う人はラッキーなことに得します。

また、プリペイドカードのようなものを持っている職員はそれを近づけて
「ピー」とそのおつりをもらうことができるのです。

変なところに意外な文明の発達が、、、。
だったら、おつり出すようにしてほしいのですが、、。

「誰か飲みたい人いない?今なら10セントお得よ!」と言ってみたものの誰も
ほしい人がいない、、、そこで、一緒に皆で立ち話をしていた校長が、「ピー」と10セントを自分のカードに頂戴したのでしたー。........。

機械に飲み込まれるよりはいいかっ。


でも、コーヒーマシンに限らず、バスの切符や、電車の切符もおつりが出ないところが多いので、気をつけるべし。
ちゃんと「おつりでません」って書いてあるかどうかをまずはチェック。
NON DA IL RESTO って書いてあるはず。

そして、書いてなかったとしても、なるべく、ぴったりもしくは、飲み込まれても泣かないでいいような額のみを入れましょう。

そんなだから、駅の切符の売店はいつも長蛇の列。
なんとかならないのかね~。


ミオ・マリートが日本に来たときに私が一万円札を自動販売機に入れようとしたときに、
すご~~く心配そうな視線で見つめていたのを思いだす。

イタリアでは間違っても50ユーロ札とか入れないようにね!

やっと駅員を見つけて文句を言っても「入れたあなたが悪い。」とまでは言われないだろうが、
「すぐにはどうすることも出来ないわ。残念だけれども」
ってな感じで流される可能性が大でしょう。


応援していただけるとうれしいです。是非こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!

 
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-21 06:52 | イタリア生活

カルチョな生活

ワールドカップが終わってから、なんとなく物足りないよう生活でしたが、
ようやく、サッカーのシーズンが戻ってきました。(ってもう今日で3試合目だけれど)

というほどサッカーファンでもないのだが、
一応、FIORENTINAの試合は衛星放送で観てしまう。
せっかく受信料はらっているしね。

今日は1名お客さんも家に見に来ていて、少しばかり盛り上がりました。

勝ったしね。

パルマに1対0で勝ちました~。

しかし、順位は現在マイナス16点、、、、。
ええ、、マイナスなのです。
マイナス19点からスタートだったから仕方がないが、もちろん最下位。
Aにとどまることができるのだろうか?

地元チームが勝ったかどうかはかなり高い確率で把握しているイタリア人です。
鑑賞しない人も結果ぐらいはなんとなく気にとめている。
お年寄りもね。

さすが、国技!なのだ。
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-21 06:05 | イタリア生活

職人のジュエリー屋さん

フィレンツェ旧市街内にお気に入りのジュエリー屋さんがある。

フィレンツェ風な透かしや、彫りの利いた素敵な作品が多くて、行くとついつい、
買いたくなってしまうので危険なお店でもある。

今日も前を通ったので、ちょっと立ちよって職人さんとお話をしているうちに、
素敵なピアスを見つけてしまったが、金とダイアとサファイア?が付いて、
透かし模様でとってもデリケートなデザインのもの。
もちろんこの内容ではお値段は決して高くはないのだが、
私には気軽に変えるお値段ではない。

いつかほしいな~~~。
と思い、そおっと、棚に戻したのでした。

というのも今年の初めにこのお店で素敵な指輪を購入したから、
しばらくはガマン。

そのお気に入りの指輪を今日もつけていたのだが、
お店でお話をしているうちに、少し指輪が汚れてきた、、という会話になり、
「磨いてあげよう」と
磨いてくれたのでした!

ぴっかぴかになった指輪。
光輝いてなんとも美しい。
うう~~きれいだ~~~。
眺めているだけでうれしくなってしまうほどのきれいさ。

こういうのがなんだかとってもうれしいフィレンツェ生活なのであった。

ちなみにお店は

La Bottega degli Orafi
Via de'Benci 20-22/r

サンタクローチェ教会の近くにあります。


応援していただけるとうれしいです。是非こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-19 23:01 | イタリア生活
陶器の絵付け教室、本日で4回目。
運転も慣れてきて、疲れなくなりました~。

b0004407_7514330.jpg

写真の先生はとっても優しくて、
「な~~んでも好きな絵を描いていいよ~~」とか言ってくれちゃったりします。

私は、「では、フルーツ!」(ひまわりの奥にあるのが私のです)

そして、別の生徒さんは「ひまわり!」

ってことで、今日は皆バラバラに好きなものを描きました~。

といっても半分くらい先生が見本をみせながら描いてくれるので、
あと半分が自分。

焼きあがったときにその差が如実に表れることでしょ~。
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-19 08:00 | イタリア留学

陶芸学校復活

今週からモンテルーポの陶芸のマジョリカ焼きの学校が始まった。
週に3回。夜の18時~20時のコース。

家から車で30~40分の場所にあるので、ドライブが少々苦だが、
なんとか12月中旬まで頑張って通う予定。

このコースは6年前に私がまだイタリア語がよく分からないときに通っていたのと
同じコースで先生もやる内容も見事同じ。

再度コースに通うことにしたのは、やはり自分一人では描かないから。
自分で時間をみつけ描き、焼いてもらう、、というのはなかなか出来ない。

しかし久しぶりに筆を使ったので、なかなかうまくいかない。

今日で3回目。

1回目は、講義で、スライドを観ていろんな陶芸についての説明で疲れた。
昔同じような講義を同じ先生から受けたときは全く理解できなかったのに、
今回は、理解できるのがなんとも不思議でうれしかった。


2回目は、筆になれるために、ひたすら練習。ロクロを使って細い線をまっすぐひく。


そして今日3回目は、やっと焼いてもらう花瓶を仕上げた。
青一色で濃淡をつけて描く、伝統的な絵柄。

これも昔やったことがある絵柄だったが、結構忘れているもんだ。

正直、週3回はスケジュール的に少々きついがなるべく休まずに参加する予定。


来週も頑張るぞ。

応援していただけるとうれしいです。是非こちらをCLICK。

b0004407_22513.gifイタリア旅行、留学はフィレンツェウェブ・ネットからどうぞ!
[PR]
by firenzewebnet | 2006-09-16 06:43 | イタリア留学